愛媛をグローバル採用の
先進地域にする会社

学 習

840時間

日本で働くまで

満足率

98%

2022年10月満足度調査

コスト

40万円~

初回採用時の平均

SCROLL

日本とインドネシアを
つなぐ架け橋に

インドネシア現地の教育機関や政府の許可を受けた送り出し機関とも頻繁な情報共有を行い、実直で熱意があり、技術水準も高い将来性の溢れる外国人財をご紹介します。

国内の採用コストは100万円
ヒトが定着しない日本人雇用

地方の企業は慢性的な人手不足と高い採用コストに悩まされています。私たちはその解決の糸口としてインドネシア人財に着目しています。4年間の試行錯誤で開発した独自の日本語教育により「即戦力」となる人財を育成します。

人財が不足している
今のところ足りている

未来のスタンダードを創る
4つのこだわり

日本語検定N4級レベル以上

日常会話に特化した教育方針により、どんな方とでも「会話のキャッチボール」ができるレベルに教育します。

日本語教師によるOJTとOFF-JT

専門家監修のプログラムで日本語を会話形式でしっかりと学び「理解力」に長けた人材を育成します。

紹介人財のダブルチェック

訓練機関への聞き取りと事前面接の2重フィルタリングを行い厳しい審査を通過した人財のみご紹介します。

国境を越えても顔の見える関係で

3カ月に1度現地に訪問し企業様から頂いた生の声をそのままフィードバックし、未来への改善を怠りません。

定着率の高い人財が
送り出されるまでの過程

より実践に即した日本語を学ぶ

「教科書通りに学んでも不十分だった」という現地の学長からの声を拾い、基礎はもちろん、より実践に近い当社オリジナルの日本語教育プログラムを実施します。

日本で働くためのソフトスキルを重視した学習

個人の仕事の進め方や、組織と一緒に仕事をする際のベースとなる個人の習慣や特性の修得を目指します。5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)、ホウレンソウなど徹底した教育を実施します。

厳しい2重適正審査を通過した人財のみ選考面接

送り出す人財のレベルを一定水準に保つことは重要です。個人に対して総合的な厳しい評価をおこない、おすすめできる人財のみを安定的にご紹介します。

推薦のことば

JAPANNESIAの取り組みを高く評価し、信頼している方々からの言葉と各団体のインドネシア人財に対する「こだわり」をご紹介します。

TOP